コーヒー器具

1万円以上かけても揃えたい!バツグンに使いやすいペーパードリップ器具を紹介します。

せっかく自宅でコーヒー淹れるなら、使いやすくて高品質な器具で揃えたい!って思っている方も多いですよね。

確かに高品質な器具は使いやすいですし、色んな機能が付いている器具が多いです。

コーヒーを美味しく淹れる事も出来るようになるでしょう。

「量り」を例にあげてみると、通常の量りでは1g単位でしか重さを量ることが出来ません。しかし、高価な様々な性能を持ったコーヒー専用の量りだと、重さを0.1g単位で量ることが出来ますし、蒸らしや抽出時間の計測に使えるストップウォッチ機能まで付いています。

まさにコーヒーを淹れるために特化した器具って感じですね!

と言うわけで、今回この記事では10,000円以上をかけても揃えてみたい高性能ペーパードリップ器具を紹介したいと思います。

ちなみに初心者には「【セット買い】HARIO(ハリオ)V60のドリッパー+サーバー+ケトル+ドリップスケール+ドリップステーション」ならメーカーも統一されていて、使いやすさと品質良さの両立もされているのでオススメです。

ドリッパー

まず最初に紹介するのが、ハリオのV60のドリッパー

V60は関連商品もたくさん発売されており、サーバー、量り(ドリップスケール)、ドリップステーションなど、機能としても優れた製品が多いです。

メーカーは自社製品を基準に抽出するのが1番美味しくなるように設計していると思うので、ハリオV60で揃えるのは良いかもしれません。

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥825
(2019/12/13 09:16:06時点 Amazon調べ-詳細)

次に紹介するのが、カリタの台形型ドリッパーです。

こちらは磁器製になっています。(上で紹介したV60もセラミックと書かれていますが、磁器製とセラミックは同じと考えてもOK)

ドリッパーはプラスチック製が有名ですが、磁器製は耐熱性に優れているため、何度お湯をかけて抽出しても、プラスチックよりも長持ちします。その代わりプラスチック製よりも少しお値段が高いです。

サーバー

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥2,764
(2019/12/13 09:16:07時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはドリッパーにセットするハリオV60の保温ステンレスサーバーです。

他のサーバーはプラスチック製やガラス製が多いですが、紹介しているサーバーはステンレス製の保温機能の付いたサーバーです。

仕事、読書、勉強をしながらコーヒーを飲むって時には、時間が経ってしまって冷めたコーヒーは飲みたくない!って思いませんか?

いちいち温め直したり、さめたコーヒーを飲むより、いつ飲んでもコーヒーの熱さが続いてくれる保温サーバーがあれば安心ですね。

コーヒーケトル(ポッド)

コーヒーを淹れる上で意外と手間なのが「お湯を沸かしてコーヒーケトルに移し替える」という作業。

1回だけなら良いですけど、淹れる度にお湯を毎回移し替えるのはめんどくさいですよね。

ハリオV60のドリップケトルならIHや直火にも対応してるので、このケトルに水を淹れて直接沸騰させることが出来ます。移し替える手間もなくなって使いやすさはバツグン!

created by Rinker
Kalita (カリタ)
¥5,675
(2019/12/13 09:16:08時点 Amazon調べ-詳細)

器具の金額がめちゃくちゃ高くなってしまう銅製のコーヒーポッド。

他の性質にはない銅製のメリットとは「熱伝導が良い」ということ、ポッドの中のお湯が中々冷めません。1度ポッドにお湯を淹れると抽出する時に何度もお湯を投入することが出来ます。

使い続けていると、どんどん風格が出てくるのも銅製の良さですね。

量り

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥3,808
(2019/12/13 09:16:08時点 Amazon調べ-詳細)

ハリオがコーヒー専用に作ったドリップスケール。

美味しいコーヒーを淹れるには、「抽出量」と「抽出時間」を計測することは大切です。そのために、重量だけではなく時間も計れるV60ドリップスケールは優れもの。

しかも、コンパクトなサイズなのでキッチンの小さなスペースでも置けます。

管理人の私も愛用している1番購入して良かったなって思っている器具です。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥2,975
(2019/12/13 09:25:37時点 Amazon調べ-詳細)

次に紹介するのはハリオV60のドリップステーションです。

1つ前で紹介したドリップスケールの上に設置して、ドリップを安定させることの出来る器具です。

見た目的にも、安定性的にも、あったら便利っていう感じの器具になっています。余裕があればドリップスケールと一緒に購入するのを検討してもいいかもしれませんね。

キャニスター

豆や粉の保存に便利な「キャニスター」ですが、紹介しているこちらの商品は高品質・多機能なキャニスターです。

普通のキャニスターは保存機能のみですが、このキャニスターは日付表示機能、CO2排出するガスバルブ付きなんです。しかも、コーヒー豆や粉の劣化原因の水分と光も遮断できる設計になっています。

このキャニスターがあれば、まさにコーヒー豆を保存するのに最適な環境が出来上がる訳なのです。

まとめ

安く揃えたいって人もいれば、高くても良い物を揃えたいって人もいますよね。

今回は1万円以上をかけても揃えたいペーパードリップ器具をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん今回紹介した器具を全て揃えなくとも、「量り」だけは良いヤツを買ってみようってな感じで購入するのもありです。

最初にも紹介した通りに、「今から始めるけど…。良い器具を揃えてコーヒー淹れたい!」って思っている初心者の方には、ハリオV60の【セット購入】はおすすめなので、是非検討してみてください。

是非、楽しいコーヒー生活を初めてみてください。

関連記事もおすすめです!