コーヒー淹れ方

家庭用のミルを使っていても、ひと手間でカフェ並みにコーヒーを美味しくする方法

自分の家でコーヒーを淹れることはありますか?

コーヒー豆を購入して、手動のミルでゴリゴリして、コーヒー粉を作って、ドリップ式でコーヒーを淹れるのはやっぱり楽しいですよね。雰囲気が出るだけでなく、時間や部屋の空間でさえもゆーくり動くような感じがします。

でも自分で抽出してると「せっかくならもっと美味しく淹れたい」って思うことありませんか?

今回はたったひと手間でコーヒーがカフェ並みに美味しくする方法を紹介したいと思います。

大金を使うことなく、時間もかけることなく、技術を向上させるわけでもなく、誰でも簡単に美味しく淹れる事が出来ます!

結論から言うと『茶こし』を使うのがポイントです。

家庭用ミルの特徴やメリット

今回のコーヒーを美味しいく淹れるコツはミルに大きく関係しています。

家でコーヒー豆を細かく挽く場合、家庭用のミルが主流です。
(手動式・電動式でも両方家庭用があります)

ミル付きコーヒーメーカーとしてコーヒーメーカーに付いているミルも、家庭用ミルと同じくらいの性能だと考えてもらって大丈夫です。

ちなみにカフェやコーヒーショップで使われているのは業務用ミルです。

家庭用ミルの特徴としては、安価で手に入れる事が出来るので持ち運びもしやすいです。一番の特徴は、家で毎日挽き立ての香りと味が楽しめます。

あらかじめ挽いた豆は日持ちはしません。豆に含まれる天然の防腐剤であるCO2が放出され、香りの成分が美味しくなくなってしまいます。そのために、家庭用ミルがあればお家で美味しいベストなタイミングのコーヒーが飲めるのです。

とは言ってもデメリットもあります。

ほとんどの家庭用ミルでは『コーヒ豆を粉砕した時に粉の大きさが均一にならない』ということです。業務用だと均一な粉になります。

コーヒー粉が均一じゃなかったら?

コーヒー粉が均一じゃないかったら何がダメなんでしょうか?

コーヒー粉の粒の大きさを粒度(りゅうど)と言いますが、粒度がバラバラになってしまうと大きい粒から、特に小さな微粉と呼ばれる粒まで色々出来上がってしまいます。

この小さな微粉が問題なんです。

小さな微粉が増える事で「まずい成分」まで一緒に抽出されてしまい、美味しくないコーヒーが出来上がってしまいます。

さらに微粉は抽出で完全に濾過できず、コーヒーと一緒に飲んでしまうことにもなります。舌触りが悪くなったり、良いことは何もありません。

まさにデメリットばかりですね…

取り除くコツは『茶こし』を使う

お茶の葉っぱを取り除く茶こしがあるじゃないですか?あれを使えば簡単に取り除く事ができます!

使い方は簡単。

ミルで細かくなったコーヒー粉を茶こしでふるいにかけてから抽出をするだけ。

茶こしというひと手間をかけて粉の大きさを揃えるだけでも、とても美味しくなります。

カフェやコーヒーショップのミルは業務用なので粒の大きさはほぼ均一なんです。ということは、茶こしを使って細かい粉を取り除く事でカフェの味に近づける事ができると言うこと。

まとめ

高級なミルなら粒の大きさが均一に近くなっていきます。逆に、価格が安いミルだと粒の大きさが不均一になるため、茶こしでふるいにかける効果は抜群です。

安いミルだからと言って美味しくないコーヒーが出来上がる訳ではないんです。

たったのひと手間でコーヒーが美味しくなるので、せっかくなので是非試してみてください!

関連記事もおすすめです!
コーヒー淹れ方

ペーパードリップの美味しく淹れる6つのコツ|とくに意識するポイントをまとめてみました

2018-12-07
coffee wave
ペーパードリップで淹れるのは楽しいですよね! でもせっかくペーパードリップで淹れるなら、美味しく淹れるためのポイントをチェックしていき …
コーヒー淹れ方

【初心者向け】「自宅でコーヒーを美味しく飲みたい」って思った時に読んで欲しい記事

2018-08-30
coffee wave
「自宅で美味しいコーヒーが飲みたい!」って考える人は少なくないと思います。 普段は缶コーヒーを飲んでいたり会社においてあるコーヒーを飲 …
コーヒー淹れ方

【水・砂糖・ミルク】それぞれの選び方とオススメ商品のまとめ記事|迷ったらコレ!

2018-12-20
coffee wave
コーヒーを飲むのにかかせないのが「パートナー選び」です。 もちろんコーヒー豆だけでコーヒーが出来上がるわけではありません。美味しいコー …