コーヒー豆

世界生産量の5%未満!スペシャリティーコーヒーって知ってる?

「スペシャリティーコーヒー」または「スペシャルティーコーヒー」というのは、どちらも同じ意味をさす言葉で、最近よく耳にするようになりました。

いずれにしても、“なにか特別な感じのするコーヒー”“貴重で高価なコーヒー”というイメージはありますが、具体的にはどんな定義なのか、またどんな味わいなのか、コーヒー好きにとっては非常に気になりますよね。

そこで、今回はスペシャリティーコーヒーについてご紹介したいと思います。

スペシャリティーコーヒーとは?

スペシャリティーコーヒーは、ただ味を追求しているだけではなく、より安全で質の高いコーヒー豆だけが選ばれています。その過程の中では次のようなことがチェックされています。

トレーサビリティ

トレーサビリティとは、そのコーヒー豆が、「いつ(When)、どこで(Where)、だれ(Who)」によって作られたのかを明らかにした、いわば豆の「経歴」のようなもの。

近年コーヒー豆に限らず、あらゆるプロダクツの品質向上が注目される中で、より安全で、より高品質なモノづくりが求められているために、トレーサビリティが注目されるようになっています。

サスティナビリティ

サスティナビリティとは、「持続可能な」という意味があり、具体的には生産者がより長くより良質なものを作り続けられる状態を指します。

コーヒー豆においても、自然環境に配慮した生産方法や、生産者の生活が安定するために適正な価格でコーヒーを取引するなどが行われることで、生産者や環境にやさしく、しかも上質なコーヒーづくりが実現しています。

このように、スペシャリティーコーヒーは、味と品質が高評価であるだけでなく、味わいの裏付けとなる安全性や生産から流通までの透明性がはっきりとした「特別なコーヒー」なのです。

それでは、さらにスペシャリティーコーヒーとなるための条件も見ていきたいと思います。

スペシャリティコーヒーの条件

コーヒーのクオリティ

コーヒーのもつ風味に、欠点がなく、その土地でつくられた特性を十分にアピールできるおいしさを備えていることを指します。

コーヒー豆本来のもつ甘み

コーヒー豆(チェリー)が収穫されたとき、適度にかつ均一に熟してしていると、飲んだときの印象が変わってくるといわれています。

コーヒーのもつ鮮やかな酸味

コーヒーのもつ良質な酸味には、劣化を感じさせる刺激や不快さがなく、さわやかでキレがあり、繊細さがあるといわれています。また絶妙な酸味の含有によって、そのコーヒー豆のもつ産地の印象をぐっと引き立てます。

コーヒーを飲んだときの質感

コーヒーを口に含んだ瞬間、口の中がキュッと引き締まる収斂性感触や、舌で感じたすべらかさ、味わいの粘り気やコクなどについても具体的に評価されます。

コーヒーの産地の特性

コーヒーのもつ風味
そのコーヒーのもつ味と香りの組み合わせで、産地のもつ特性がしっかりと表現できているかは、スペシャリティーコーヒーには大切な要素です。

コーヒーの後味の印象

いいコーヒーは「後味」がいいといわれていますが、口の中で持続する心地よい風味の余韻が残るコーヒーは、やはり印象深いものとなります。
逆に飲んだ瞬間はおいしいと感じても、後味が嫌な風味に変化するコーヒーは、全体的に残念な印象となってしまうものです。

まとめ

こうした基準について一つずつ丁寧にチェックされた上で、コーヒーとして突出した特徴や足りない特徴がないかを検討し、最終的にトータルバランスの調和がいいものだけが「スペシャリティーコーヒー」として流通していきます。

この基準をクリアできるコーヒー豆は、全体の約5%程にしか満たないということで、とても厳しい基準で選りすぐれられていることがおわかりになったかと思います。

そんな貴重なスペシャリティーコーヒーの楽しみ方は、また人それぞれです。

朝、目覚めのよい1日を迎えるために飲む1杯。
友人や家族と会話を楽しみながら、とっておきの1杯。
休日にじっくりとドリップして、一人でゆっくりと味わう1杯。

スペシャリティーコーヒーは、あなたの日常を「特別なひととき」にしてくれる極上の魔法の一杯になるでしょう。

 

関連記事もおすすめです!