コーヒー豆

レギュラーコーヒーとは?間違いやすい名称・選ぶ時の注意点をまとめてみた

「レギュラーコーヒー」とは何でしょうか?

他にもインスタントコーヒー、レギュラーソリュブルコーヒー、ブレンドコーヒーなど似たようなコーヒーの名称は多いですよね。

コーヒー好きには常識かもしれませんが、私もコーヒーに興味を持ち始めた時は全く区別が付きませんでした。

ペーパードリップで抽出する為にレギュラーコーヒーを買いたかったのに、インスタントコーヒーをスーパーのカゴに入れてしまっていました。なんて経験もあるくらいです(笑)

実はコーヒーの名称を間違えてしまうと、とんでもない大惨事になってしまうにもなってしまうので、是非「レギュラーコーヒー」について覚えておきましょう!

レギュラーコーヒーとは?特徴も紹介

レギュラーコーヒーとは、焙煎されたコーヒー豆を100%使っている豆 or 粉、の事を言います。

何種類かのコーヒー豆を混ぜていたり、ミルで細かくされて粉にされていたとしても、焙煎された豆が100%ならレギュラーコーヒーと思っていただいて大丈夫です。

レギュラーコーヒーは必ず『抽出』が必要になります。そしてレギュラーコーヒーはお湯に溶けずに、抽出後は必ず豆カスが出るのが特徴です。

逆に、インスタントコーヒーはお湯に溶かせるだけでコーヒーが完成しますよね。完全にお湯に溶けるというのがインスタントの特徴です。

なのでレギュラーコーヒーからコーヒーを飲みたい場合は、ペーパードリップ、コーヒーメーカー、サイフォン、フレンチプレスなど、しっかりとした抽出器具が必要なのです。

家に抽出器具がないって方は

  • 抽出する器具を揃える
  • お湯を注ぐだけのパック式を選ぶ
  • インスタントコーヒーを選ぶ

のどれかにすることをオススメします。

お湯を注ぐだけでレギュラーコーヒーを飲めるパック式という方法もあるので、手軽に飲みたい人はそちらも検討してみてくだい。

味や風味に関しては、レギュラーコーヒーが1番美味しいと考えてもらって大丈夫!(もちろん新鮮さや豆の品質で違いはあります)

レギュラーコーヒーまとめ
  • 焙煎されたコーヒー豆が100%
  • 飲みたい場合は抽出器具は必要
  • お湯だけで淹れるなら1杯用のパック式あり

間違えやすいコーヒーの名称

先ほども少し説明しましたが、インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーは全然違います。もちろんややこしい名前をしているのはこれだけはありません。

せっかくなので「〇〇コーヒー」と言ったややこしい名称を集めてみました。

インスタントコーヒー

粉にお湯を注ぐだけでコーヒーが完成するというのが、インスタントコーヒーという名称のコーヒー粉です。

実は、インスタントコーヒーの粉はコーヒー豆を細かくしたものではなく、コーヒー豆から抽出した液体を、乾燥させることで粉状にしたものなのです。

一度抽出液にして乾燥させている分、味や風味はレギュラーコーヒーに比べて落ちてしまいますが、手間がかからないのがメリットですね。

レギュラーソリュブルコーヒー

ソリュブルコーヒーとも呼ばれています。ネスカフェが作っているお湯に溶けるコーヒーの事です。ソリュブルとは英語で「溶ける」という意味ですからね。

インスタントコーヒーと違うのは、インスタントコーヒーは抽出液を乾燥させ粉末にさせていますが、レギュラーソリュブルコーヒーは、抽出液の粉末にコーヒー豆を細かくした粉を混ぜているという点。

コーヒー粉をさらに混ぜる事で、インスタントよりも風味や味も良くなるそうです。

ブレンドコーヒー

ブレンドコーヒーとは、いくつかの豆を混ぜ合わせて出来たコーヒーのことです。店舗や製造元によってブレンドされる比率が変わって、味も違うのが特徴です。

レギュラーコーヒーが何種類かで混ぜられる事によって、ブレンドコーヒーになる訳です。もちろんブレンドになっても、焙煎豆が100%であればレギュラーコーヒーとも呼ばれます。

ストレートコーヒー

ストレートコーヒーとは、ブレンドコーヒーとは違って1種類のコーヒー豆で作られているコーヒーの事です。こちらもブレンドと同じく、焙煎豆が100%であればレギュラーコーヒーになるという訳です。

シングルオリジンコーヒーと呼ばれる場合もあります。

まとめ:間違えないよう注意しよう

いかがでしたでしょうか?

コーヒー豆ショップなどで購入する時は間違えることはないとは思いますが、スーパーやコンビニで売られている場合は袋状態なので、間違えないように気をつけましょう。

万が一でも間違えてしまうと、インスタントコーヒーだと思っていたのが、お湯に全然溶けない…。なんて事件が起きてしまったり。抽出器具を使ってコーヒーを入れようとすると、全部溶けてしまったり…。まさに大惨事です。

間違えないようにしっかり確認してから購入するようにしましょう!

関連記事もおすすめです!