コーヒー淹れ方

コーヒー豆を購入。店員に「豆のままにしますか?粉にしますか?」と聞かれた時の選び方を解説。

家で手軽に美味しいコーヒーを飲むなら豆から家で抽出するのはすごくいい方法です。

毎日美味しいコーヒーを飲みたいといっても、毎日カフェに行くわけにもいきませんし、缶コーヒーやペットボトルだとどうしでも味や風味が落ちてしまいます。

家にコーヒーメーカーがあったり、プレゼントにコーヒー豆を、って人ならコーヒー豆を購入する人も多いんじゃないでしょうか?

実際にコーヒー豆を購入することになったら、店員さんには「豆をそのままにしますか?粉にしますか?」と必ず聞かれると思います。

  • 豆をそのまま購入する時
  • 粉にして購入する時

それぞれの特徴や必要な器具を紹介していきたいと思います。

 

コーヒー豆のまま購入する

まずコーヒー豆のままの状態で購入する場合の特徴を紹介していきます。

コーヒー豆を購入するってことはコーヒーが完成するまでの図で表すと、このタイミングで購入するってことです。

 

メリットを解説

まずコーヒー豆で購入することの最大のメリットは、コーヒーを一番美味しいタイミングで飲めるということ。

なぜならコーヒー豆は挽いてしまうと、その瞬間から劣化が急激に進んでしまいます。
(挽く:細かく粉砕すること)

そのため美味しいコーヒーを飲むためには、抽出の直前に豆を挽くことが大切です。豆を挽く作業から抽出までの時間を、ほぼ0にすることでコーヒー豆を劣化から防ぐということになるのです。

デメリットを解説

逆にデメリットとしては、豆を挽く手間が増えること、豆を挽く器具(ミル)が必要になってしまうということが主にあげられます。

缶コーヒーを買うのと比べれば、豆から淹れるのも、粉から淹れるのも、結構手間はかかるので、あまりそこに関しては考えなくてもいいかもしれません。

ただミルを購入するのにはお金がかかってしまいます。

それに家庭用のミルは粉の大きさにムラが出来てしまうので、淹れるたびに味が変わったりしてしまう事があったり、まずい成分抽出されてしまうこともあります(ひと手間加えれば解決します)

家庭用のミルを使っていても、ひと手間でカフェ並みにコーヒーを美味しくする方法自分の家でコーヒーを淹れることはありますか? コーヒー豆を購入して、手動のミルでゴリゴリして、コーヒー粉を作って、ドリップ式でコー...

しかも電動ミルを使うと、結構大きな音がするので一軒家や防音がされてるマンションだと良いですが、壁の薄いマンションには騒音になるので不向き

手動ミルは音もそんなに大きくないのでオススメ!

豆で購入の特徴まとめ
  • コーヒーが一番美味しいタイミングで飲める
  • 豆を粉砕するミルが必要
  • ミルを使用する時に大きな音が出る
  • 豆のままだと保存するのに適している

コーヒー粉の状態で購入する

次にコーヒー粉の状態で購入する場合の特徴を紹介します。

大抵のコーヒーショップでは、ずらりと並べられている豆を選んで購入した時にコーヒー豆を挽いてもらって粉で購入できます。タイミングは以下の画像。

メリットを解説

コーヒー粉で購入することのメリットは、手間が省かれる、コーヒー粉の大きさが均一という点です。コーヒー豆とは逆ですね。

まずミルを使わないので手間が省かれます。それに電動ミルを使うときはギュイイイイイン!!!って感じの大きな音がします。壁の薄いマンションだと騒音ってぐらい横の部屋まで響くと思います。

粉だとミルを使うこともないので、小音で美味しいコーヒーを淹れることが出来ます。これもメリットの1つですね。

それにコーヒー豆はコーヒーショップで挽いてくれるので、粉の粒の大きさが均一になり味のブレは少なくなります。

デメリットを解説

デメリットとしては、劣化が早まってしまうってことです。

保存のために冷蔵庫や冷凍庫などを活用したとしても、豆状態より粉の方が劣化するスピードは5倍〜10倍早くなると言われています。

密閉して常温保存でも2〜3日ぐらいしか日保ちしません。

長期保存するには全く向いていませんね。必要分だけ購入するのがオススメ!

粉で購入の特徴まとめ
  • 購入してすぐに飲むなら美味しいコーヒーになる
  • ミルを使う手間が省ける
  • 少ない音でコーヒーを淹れる事が出来る
  • 劣化しやすくなるので保存に不向き

抽出方法の対応

抽出可能な方法もさまざまですが、分かりやすいようにまとめてみて、表にして表してみました。

コーヒー豆 コーヒー粉
ミルなしコーヒーメーカー※ ミルなしコーヒーメーカー
ミル付きコーヒーメーカー ドリップ式
ドリップ式※ サイフォン式
サイフォン式※ モカポッド式
モカポッド※

※別途ミルが必要

コーヒー豆の状態では、コーヒーは抽出が出来ないので必ず粉にする必要があります。そのためにミルが必要です。

コーヒーメーカーは『ミル付き』『ミルなし』があるので、既にコーヒーメーカーを持っている場合やこれから購入する場合は注意してください。

ミルなしは粉から抽出することがしか出来ません。

ミル付きは、豆からしか抽出出来ない器具と、豆でも粉でも抽出できる器具があります。メーカーやコーヒーメーカーの種類によって違うこともあるので、こちらも気をつけてくださいね!

まとめ

店員さんに豆か粉か聞かれた時のお互いの特徴は理解できましたか?

私はコーヒー豆を購入して、手動ミルを使ってゴリゴリ粉にして家で抽出しています。コーヒー豆を手動でゴリゴリするのは、なんとも良さげな雰囲気が出てきますし、香りも立ってくるのでオススメですよ

でも、メリットやデメリットはさまざまですので、是非あなたに合った方法を選んでください。

関連記事もおすすめです!