コーヒー豆

コーヒー豆の賞味期限について|意外と知らない人が多いってホント?

「コーヒー豆って賞味期限あるって本当?」

たしかに賞味期限といえば、生ものや乳製品などにあるイメージが強い一方、カラカラになるまで焙煎されたコーヒー豆には水気がないので、賞味期限があることを知らない人もいるでしょう。

でもコーヒー豆にもれっきとした賞味期限はあるのです。

それを知らないと、ただ苦いだけのコーヒーを飲むことになってしまう可能性もあるのです。

そこで、今回は自宅で購入する目安として知っておくと役立つ「コーヒー豆の賞味期限」についてご紹介します。

この記事の重要ポイントは、コーヒー豆の賞味期限は2〜3週間ということ。正しい方法で冷蔵庫や冷凍庫に保存すると1ヶ月〜3ヶ月ほどです。

基本:コーヒー豆 = 「生鮮食品」

皆さんがよく見かけるコーヒー豆は、赤い色をしたコーヒーチェリーを焙煎(乾煎り)したもので、一般的にその香り高さを楽しめるようになるのは焙煎直後よりも2~4日後からだといわれています。

実は焙煎直後はまだ香りがそこまで出ていないのですが、数日経つ中で、豆本来のもつ香りやコクなどが熟成されることがタイムラグの要因です。

ところが、焙煎後はコーヒー豆内部に含まれている油分が空気に触れることで酸化を始めるため、徐々に風味や香りが落ちるとともに酸味や苦みが出てくるといいます。

酸化の進んだコーヒーを飲むと、「酸味がキツイ」「後味がいつまでも残る」「苦みが強く感じる」「(飲んだ後)胃もたれ感を感じる」などとよく表現されますが、そうなってしまったらもう飲み頃が過ぎてしまった(=賞味期限は過ぎてしまった)と考えた方がいいでしょう。

このような点から、コーヒー豆は生ものや乳製品同様に「生鮮食品」として考えた方がいいのです。

【プチ知識】消費期限と賞味期限のちがい

日本ではコーヒーに限らずあらゆる食品に対し、「消費期限」か「賞味期限」のいずれかを記載することになっています。

  • 消費期限
    …期限を過ぎたら食べない(飲まない)方がいいという目安
  • 賞味期限
    …おいしく食べる(飲める)ことができる期限

そのためコーヒー豆製造メーカーでもさまざまなコーヒー豆製品を販売していますが、「消費期限」であったり「賞味期限」であったりするので、購入前にはしっかりと確認してみましょう。

とはいえ、コーヒー豆は一度開封され、空気に触れる機会が増えれば増える程、酸化が進むものなので、できれば賞味期限前には飲み切ってしまうのがいいものでもあります。

さらにいえば、市販のコーヒー豆はいつ焙煎されたものかを把握することはできないというデメリットも。

やはり、コーヒー本来の香りを本格的に楽しみたい人は、コーヒー豆を専門に取り扱うお店で、新鮮なものを買う方がおいしいものを飲めるでしょう。

焙煎したて・挽きたてのコーヒー粉はいつまでに飲み切る?

コーヒーをおいしく飲める賞味期限は約2~3週間です。

これ以上保存しておいても、前述したような味の劣化が目立つようになり、おいしく味わうことが難しくなってしまいます。

そこでコーヒー豆の専門店などでお気に入りの産地の豆を買う場合は、いたその日から約2~3週間以内に飲み切れる分量が購入量の目安です。

「家族みんながコーヒーを飲む」という目的で買う人の量と、一人暮らしで時々コーヒーを飲む人の買う量はおのずと異なってくるので、ここは自分なりに「このグラムなら早めに飲み切れるかな」と思う量を買いましょう。

もしわからない場合は、お店の人に聞いてみることをおすすめします。

買った後の保存にも注意

コーヒー豆は少しの要因で劣化してしまいます。とくに温度、湿気、酸素、光に弱いため、自宅で保管する際には保存方法や容器にも気をつけた方がいいものです。

賞味期限を意識した上に、置き場所や保存方法にも気をつけないと、せっかくの風味や香り、コクなどが失われてしまうのでぜひご注意ください。

大量の豆を購入してしまった場合は、冷蔵庫や冷凍庫で保存するのもありです。正しい方法で保存するなら、保存期間は1ヶ月〜3ヶ月ほどに伸びるので活用しましょう。

【保存版】コーヒー豆の保存方法!オススメの場所や保存期間を細かく解説。家でコーヒー豆から淹れて美味しく飲みたいと思った時は コーヒーメーカーを使うにしろ、ドリップで淹れるにしろ、サイフォンを使うにしろ...
豆を買うなら知っておきたい!コーヒー豆が劣化する4つの原因について「つい最近コーヒー豆を買ってきたばかりなのに、味がちょっと変わった……?」 あなたもこんなご経験はありませんか? せっかく自...

まとめ

今回は、コーヒー豆の基本は、「鮮度の高い焙煎後のコーヒー豆」を「購入後2~3週間以内に飲み切る」のがベストであることをお伝えさせていただきました。

コーヒー豆を購入する時の参考になれば嬉しいです。

日々使うコーヒー豆の分量を計画的に購入して、いつでも飲み頃のおいしいコーヒーを楽しんでくださいね。

良い記事だと思ったらシェアをお願いします。

関連記事もおすすめです!
コーヒー豆

コーヒー豆の生産処理。3種類の精製方法を解説(ナチュラル、ウォッシュド、セミウォッシュド)

2018-09-15
coffee wave
コーヒー豆になる前はコーヒーチェリーという果実の種子なのですが、そのコーヒーチェリーから種子を取り出すには乾燥させる必要があります。  …