コーヒー器具

コーヒー豆と湯はめちゃくちゃ快適に計量|おすすめ電子スケール・はかり3選

コーヒーを抽出するには、色々計量する必要がありますよね。

電子スケール(はかり)を使っていない方もまだまだ多いんじゃないでしょうか?

今回はコーヒー抽出をする為にはピッタリなスケールを集めてきました、私がおすすめする電子スケール3選として紹介したいと思います。

まだ購入してないって方はぜひ見てみてしてみてください。

コーヒー豆とお湯の計量はめちゃくちゃ快適になってくるので、コーヒーを淹れるのもさらに楽しくなると思います!

これがおすすめ!便利な電子スケール(はかり)

HARIO (ハリオ) V60 ドリップ スケール VST-2000B

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥3,808
(2019/12/13 17:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

数ある電子スケールの中でもおすすめを紹介するなら、真っ先に紹介しようと思ったのはこちらのHARIO V60のドリップスケールVST-2000Bです。

どうして真っ先に紹介しようと思ったのか?

それは「重量が測れる・時間が測れる」コーヒードリップ専用のスケールだからなんです。

豆とお湯の微妙な変化でコーヒーの味は変化するんですけど、そのためにも0.1g単位で重量を測れるのは当たり前です。

同じ画面で同時に時間も測れるのが良いですね。蒸らしや抽出もしっかり時間を測れるから、自分で好みに時間調整も楽々。

コーヒーを趣味にしようと思ったなら、まっさきに買っておくべき商品だと思いましたね。

私もずっと愛用しています。

Abo デジタルスケール

Aboから発売されているデジタルスケール。

写真を見てもらったら分かるように、スタイリッシュなデザインが特徴です。

ドリップではなくてキッチンスケールとしても使いたいって方におすすめですね。

料理・お菓子作りでも電子はかりを使いたいなら、コスト的にも購入することを勧めますね。

3kgまで計れるので家庭用のクッキングだと、ほぼほぼ重量がエラーを起こすことはないですね。「ウチは10人家族です」とかいうよっぽど大家族じゃなければ使えると思います。

コスト的にも1000円ぐらいなので、デジタルスケールの中では安いほうだと思います。

金額をそんなにかけられないならAbo デジタルスケールが良いですね。

タニタ はかり スケール  KD-320 WH

created by Rinker
タニタ(TANITA)
¥3,889
(2019/12/13 17:04:36時点 Amazon調べ-詳細)

色んな体重計や計測器を作っているタニタからスケール KD-320 WH。

先ほど紹介したAboのデジタルスケールと同じでこちらも、「料理・お菓子作り全般向け」のはかりになっています。

このスケールの最大のメリットは「防水性」に限ります。

もちろんどのスケールも多少水が濡れたところで、拭けば使えることは間違いないでしょう。

ですが、何かと水を使うことの多いキッチンで使うことが多いと思いますが、水が隙間に入ってしまって壊れてしまうっていう可能だってあります。

タニタのKD-320 WHは公式に防水と記載されているので、水が原因で壊れてしまうことはないでしょう。

価格は少し高いですが「スケール+水で壊れないための保険」と考えれば妥当なお値段だと思います。

最後に

実は、今回紹介したのは実際に私が購入するときに迷っていた3種類なんですよ。

「安いスケールで良いかな」って思ったんですけど、

他のコーヒー器具を選んでいると、「やっぱりコーヒー器具は揃えて置いておきたい!」って思ったので、思い切ってHARIOのスケールを買っちゃいました(笑)

購入して最初に思ったのは「めちゃくちゃ使いやすい!」ってことですね。

HARIOのドリッパーを購入したのでデザイン的にも統一感があって、一気に部屋がおしゃれになった感じがありました。

「コーヒーを淹れるならどれかな…」って悩んでいる方がいましたら、HARIO V60のドリップスケールVST-2000Bをおすすめします!

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥3,808
(2019/12/13 17:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事もおすすめです!