コーヒー豆

コーヒー好きなら知っておきたい『フェアトレード豆』とは?その味や品質ついても

皆さんは、コーヒー豆の産地というとどんな国を思い浮かべますか?

ケニア、エチオピア、コロンビア、グアテマラ、ブラジル……等々、私たち日本人にもなじみのある有名な産地がたくさんありますね。

しかしこれらの国々でつくられているコーヒー豆は、現地の人々が丹精込めて栽培し、収穫しても、その利益が彼らの元に行かないことをご存知でしょうか?

実は、コーヒー豆生産国(開発途上国)で収穫されたものの多くが、ニューヨークやロンドンの国際市場で買い取られていますが、市場での販売手段とルートをもたない生産者たちにとって代わって取引する中間業者によって、利益を取られ続けてきたという長い歴史があるのです。

そこで、近年では「フェアトレード」というしくみによって、コーヒーをつくる生産者たちを守ろうという世界的な動向があります。今回は、コーヒー好きには知っておいてほしい「フェアトレード豆」についてご紹介したいと思います。

フェアトレード豆とは?

フェアトレード(Fair trade)とは、読んで字のごとく「公平な貿易」を指します。

開発途上国の生産者の労働に見合う適正な価格で、かつ継続的にコーヒー豆を購入することで、生産者の生活の保証や経済的自立を目指す貿易のしくみです。

それまでのコーヒー豆は、どんなに貴重で高級な豆であっても、生産者が取引価格の交渉ができず不当に安く買われ続けてきました。

その結果、生産者たちは自分たちの生活に十分な利益が得られず、不安定な生活を送ったり、子どもまで学校に行けずに労働に駆り出されたりといった悲惨な状況があったのです。

そこで、コーヒー生産者たちの持続可能な生産を保証するために、国際フェアトレード基準がつくられ、現在ではコーヒー豆の最低価格が保証されるようになりました。

そのおかげで、コーヒー豆の生産技術の向上や使用機材の購入といった投資も徐々におこなわれるようになり、また労働に駆り出されていた子どもたちが通える学校の建設なども進むようになったようです。つまり、購入者である私たちがフェアトレード豆を選択することで、生産者を応援できるのです。


出典:フェアトレードジャパン

こちらがフェアトレードのロゴです。コーヒーショップやカフェでこのロゴが表記されている商品がフェアトレードで取引されたということを表しています。

しくみ一つで、社会がこんなに変われるのは、本当にすばらしいことですよね。

フェアトレード豆の味わいとは

「フェアトレード豆とそのほかのコーヒー豆の味のちがいはなんですか?」と聞かれることがありますが、味に差はほとんど感じません。

というのもフェアトレードは取引上のしくみなので、生産方法が大幅に変わったり、豆の等級を表すものではないからです。

とはいえ、長期的に見れば、今後は変わってくる可能性も大いにあると思われます。たとえば高品質なコーヒー豆を栽培するための技術支援が行われていくことで、コーヒー豆の品質の向上にもつながるでしょう。

また、コーヒー豆の利益が保証されて安定した生活が営めるようになることで、生産者もより丁寧に愛情を注いでつくるようになり、コーヒー豆の味やコクに変化が出る可能性もあります。

実際、フェアトレード製品には「国際フェアトレード基準」というものがあるので、取引の公正化以外にも以下のことが取り決められているそうです。

  • 農薬・薬品の使用に関する規定や有機栽培の奨励
  • 遺伝子組み換え(GMO)の禁止

ということは、コーヒー豆の品質にも一定の基準をしっかりと設けているということなので、生産者にとっても私たちコーヒー愛好家にとっても、フェアトレードのしくみはWinWinになります。

実際、ここ数年で有名コーヒーチェーンでも店頭販売されているコーヒー豆のラインナップにもフェアトレード豆が並ぶようになりました。

私たちにとってもフェアトレードコーヒーはすっかり身近になってきているのです。

フェアトレードコーヒーで、サスティナブルな世界に

私たちが日々楽しむコーヒーには、実はこのような歴史背景があったことを知っていただけたかと思います。

この美味しい一杯のコーヒーが、どこか遠い国の生産者たちの温かい手で収穫された豆で、私たちが飲むことでその人々に真の意味での幸せがもたらされていることを切に祈りながら、今日はフェアトレード豆を楽しみたい。そんな気分です。

<参考サイト>
フェアトレードジャパン

関連記事もおすすめです!