コーヒー淹れ方

コーヒーを淹れる時に使える!覚えておきたい専門用語や基本用語をまとめてみた

家でコーヒーを淹れてみたいって時、

まっ先に覚えておきたいのが専門用語基本用語です。

私もそうだったんですが、初めてコーヒーに興味が出てきた頃なんて

 

『ば…焙煎…???( ˙-˙ )』

 

ってな感じで知識が0でした(笑)

と言うわけで、

実際に、私が知りたかった単語やまとめて知っておきたかった単語や用語をまとめてみたいと思います(笑)

こちらの記事では、家でコーヒーを淹れる時に使えるものに特化して紹介しています!

淹れる時につかう基本用語と専門用語がこちら

1:抽出

コーヒー粉にお湯を通すことで、コーヒーを淹れることを言います。

色んな抽出方法を使って、お湯にコーヒーの成分を溶かすということです。

2:挽く

コーヒー豆を細かくする作業のこと。

ミルという専用の器具を使ってコーヒー豆を粉にします。

3:粒度

コーヒー粉の粒の大きさを言います。

粒度という事をそのまま使う事は少ないですが、それぞれの大きさは覚えておきましょう!

極細挽き

一番粒が小さなコーヒー粉のことで、上白糖ぐらいの大きさです。

マキネッタ、エスプレッソマシンなどの抽出方法で使われます。専用のミル出ないという特徴があります。

細挽き

次に粒が小さなコーヒー粉、グラニュー糖と上白糖ぐらいの大きさです。

水出しコーヒーなどの抽出方法がメインで使われます。普通のミルでも挽くことは出来ますね。

中細挽き

コンビニやスーパーなどでも売られているコーヒー粉でスタンダードな大きさ。グラニュー糖と同じぐらいです。

ペーパードリップやコーヒーメーカーなどで使うのがおすすめです。

中挽き

グラニュー糖やザラメとの間ぐらいの大きさのコーヒー粉。こちらも粉の状態で売られていることが多いです。

サイフォンやネイルドリップなんかに使われるのが良いでしょう。

粗挽き

ザラメと同じくらいの大きさのコーヒー粉。

フレンチプレスやパコレーターなどの抽出方法に使うのがおすすめです。

4:焙煎

緑色の生豆と言われる食材を加熱することで、あの茶褐色のコーヒー豆になります。

この加熱作業のことを『焙煎』と言います。

焙煎する時間が長ければ長いほど黒っぽくなっていきます。味も時間によって変化していき、焙煎度とも言います。

浅煎り

焙煎度が一番浅いものを『浅煎り』と言います。

焙煎度の中でも色は薄くなっています。味は酸味が強くなって、苦味は少なくなります。

中煎り

焙煎度が中くらいのものを『中煎り』といいます。

深煎りと中煎りの間ぐらいで、イメージするコーヒー豆ぐらいのこげ茶色です。味は酸味と苦味のバランスがとれています。

深煎り

焙煎度が一番深いものを『深煎り』とよびます。

色は一番濃くなっています。味は苦味が強くなって、酸味が少なくなります。

ドリップコーヒー

世界でいちばん普及しているコーヒーの1つで、

フィルターの上にコーヒー粉を置き、上からお湯を落とす事でコーヒーを抽出する方法です。

コーヒーメーカーの抽出なんかにもよく使われています。

ペーパードリップ

ドリップコーヒーの中の1つで、フィルター部分に紙(ペーパー)を使います。

ペーパーフィルターは使い捨てなので管理はかんたんです。

ネイルドリップ

ドリップコーヒーの中の1つ。フィルターが布(ネイル)になっている。

喫茶店などでも使われていて、まろやかな味になるのが特徴。

ドリッパー

コーヒーを抽出させるカップ型の器具。

役割は内側にフィルターを設置してコーヒー粉を乗せるためのもの。ドリップコーヒーには必須である。

サーバー

ドリップされるコーヒーを溜めていく器具。

ドリッパーの下に設置させることがほとんどです。

フィルター

コーヒーを濾すためののアイテム。

ペーパー、ネイル、金属など色んな種類があって、種類によって味も変化します。

スケール

クッキングスケール、ドリップスケールなど色んな種類があります。

重量を量る用の「量り」です。正確にコーヒー豆やお湯を量るためには持っておきたい器具。

サイフォン

抽出方法と器具の名前。器具は理科の実験器具であるフラスコのような形をしている。

加熱したり攪拌(混ぜる)たりする淹れる方法です。コーヒーを飲むことから淹れる過程まで楽しめる。

フレンチプレス

プレス、アメリカンプレスとも言われる抽出器具。

コーヒー粉とお湯を入れるだけで、放置しておくとコーヒーが抽出されます。一番簡単な抽出方法ですね。

これだけ知っていれば一安心

これだけ覚えていたら、コーヒーに興味を持っても大丈夫!

まずサイトや雑誌を読んでも普通に読めると思います。

ぜひ参考にしてみてくださーーい(@ ̄ρ ̄@)

関連記事もおすすめです!