コーヒー生活

コーヒーのマナーを知ってる?カフェや喫茶店での正しい飲み方

プライベートだけでなく、ビジネスの場でも毎日のように飲まれているコーヒーですが、実はコーヒーの飲み方にもマナーがあるって知っていますか?

レストランでフォークとナイフの持ち方、茶室でお抹茶を飲む時のように、コーヒーを飲む時にも実はマナーがあるんです。

1人でカフェや喫茶店でコーヒーを飲む時、友人とカフェをする時なんかには、あまり意識する必要はないかもしれません。

ですが、ビジネスの場だとそんな事は言ってられませんよね。

カフェや会議室でコーヒーを飲む場合だと、一緒に飲んでいる相手は上司や取引先の方だったりする訳です。そんな時の為に失礼のないようにマナーを知っておきたいところです。

という訳で今回はカフェや喫茶店でのコーヒーの飲み方のマナーについて書いていきたいと思います。

ホットコーヒーをカップで飲む

私は喫茶店で働いているのですが、このカップの取っては右向き、こっちのカップは左向きなど決まっています。

提供側にも実は意図があるので、是非取っての方向にあったマナーを守ってみてください。

①カップの取ってが右の場合

まずカップの取ってが右で出された時の紹介です。

砂糖やミルクを入れる場合は、左手を添えることなく、右手でスプーンを持ってかき混ぜましょう。そして、スプーンをカップの向こう側に置き、コーヒーを飲みましょう。

ブラックで飲む場合は、スプーンでコーヒーを混ぜることはしませんが、スプーンはカップの向こう側に置いてから飲むようにしましょう。

②カップの取ってが左の場合

次にカップの取ってが左で出されてた時の紹介です。

砂糖やミルクを入れる場合は、左手でカップの取っ手を軽く押さえて、右手でスプーンを使い混ぜるようにしましょう。両手を使うのがポイントです。

スプーンの置き場所は、先ほどと同じでカップの向こう側に置くようにしましょう。

そして飲む時には、左にあるカップの取っ手を反時計周りに回して右に持ってきます。後は右手でカップを持って飲むのが正しい方法です。

ホットコーヒーのNG例

  • 角砂糖を素手で放り込む
  • スプーンを入れたまま飲む
  • スプーンをソーサーの縁に立てかける
  • ミルクや砂糖を混ぜる時にカチャカチャ音を立てる

角砂糖を素手で放り込むのはいけません。角砂糖の入れ方は、スプーンの上に乗せてコーヒーが飛ばないようにしながら入れるようにしましょう。砂糖やグラニュー糖なども同じです。

スプーンを入れたままコーヒーを飲むのもやめておきましょう。スプーンは金属なのでコーヒーがどんどん冷めてしまいます。ビジュアル的にもやめておいた方がいいですね。

喫茶店で働いていて、よく見かけるのがスプーンをソーサーに裏返して立てかけている人です。それも避けておいた方がいいでしょう。

最後にコーヒーに限ったことではないんですが、音は出来るだけ抑えましょう。スプーンでコーヒーを混ぜる時はカップに当たらないように、ゆっくり混ぜるのがコツです。

アイスコーヒーを飲む

アイスコーヒーをグラスで飲む場合はホットコーヒーをカップで飲むより、きっちりしたマナーがある訳ではありません。

ただカフェや喫茶店で、アイスコーヒーを飲むならストローを挿して飲むようにしましょう。

プライベートならグラスに直接口をつけてもいいですが、カフェや喫茶店ではやめておきましょう。

最後に

「マナーの正体」って何か知っていますか?

マナーとは、文化で中で生きる人たちの行儀や作法のことであり、自分がやりやすいように、相手が不快にならないように、作られたものなんです。

日本のおもてなしに通じるものがありますよね。

是非あなたも「相手のことを考える」ということを忘れずに、マナーを守ってカフェタイムを楽しんで欲しいと思います。

関連記事もおすすめです!