コーヒー生活

カフェで働くコーヒーのプロフェッショナル『バリスタ』ってどんな仕事?

カフェでおいしいエスプレッソや、カフェラテ、カプチーノなどを出してくれる“コーヒーのプロフェッショナル”といえば、「バリスタ」です。

バリスタは、本来イタリアのバールで働く店員を指す言葉ですが、日本でもその呼び名が浸透しつつあります。そこで、今回はカフェなどで働くバリスタの仕事についてご紹介します。

「バリスタ」=コーヒーのプロフェッショナル

バリスタ(barista)とは、コーヒーなどの知識を幅広く熟知し、バールやカフェ、レストランなどで最高の一杯を提供する「コーヒーのプロフェッショナル」な人を指します。

現在、飲食店でもバリスタの資格やスキルを持つ人が積極的に採用され、なかにはバリスタの大会で入賞経験があるような有名な人も在籍し、コーヒーに対する深い知識だけでなく、高い接客技術を生かして活躍しています。

日本では、横山千尋さんが日本人として初めてイタリアのバリスタ協会から認定されて以降、多くの日本人バリスタが誕生しています。

バリスタになるためには?

実は、バリスタになるには医師や教師のように職に就くための必要な免許はありません

その代わり、コーヒーに関する専門知識と技術を学び、バリスタとして活躍したり、カフェの開業を目指したりする人のための認定資格がいろいろあります。

<バリスタの認定資格の一例>

  1. JBA(日本バリスタ協会)によるライセンス(レベル1〜3)
  2. 日本スペシャルティコーヒー協会による「コーヒーマイスター」 など

こうした認定資格を持つことで、「コーヒーに関する高度な知識や技術を習得している」と見なされるため、飲食業界への就職や転職にも有利になります。

さらに将来カフェなどの開業を目指す人は、食品を取り扱う施設で設置義務のある「食品衛生責任者」の資格も取っておきたいところですね。

バリスタ花形の技といえば、やっぱり「ラテアート」

おしゃれなカフェでカフェラテを注文した際、ふわふわに泡立てられたフォームミルクにステキなラテアートを施してもらうと、思わずうれしくなるもの。

まさしく“バリスタの仕事の花形”ともいえるラテアートも、バリスタの技術の一つです。
カフェラテづくりは、簡単そうに見えますが、実はとても難しい技です。

ここでは簡単に解説していきますね。

バリスタのつくるカフェラテ

まずはマシーンで抽出したエスプレッソをつくります。次に、スチームノズルで泡立てたミルクをピッチャーに取り分け、クルクルと回してミルクの泡にツヤを出していきます。

そして、抽出したエスプレッソに高いところから一気にミルクを注ぎ、少しずつカップに近づけていきます。

最後にピッチャーに残ったミルクの泡を入れて完成です。

ここで、「フリーポア(Free Pour)」という技でミルクの泡を潰さずにカップに注ぎ入れ、ハート形などのラテアートを作り上げていくのですが……。

これがなかなか難しく、バリスタが自分の手首を大きく揺らしたり、小刻みにカップを傾けたりして、ミルクの泡を思った場所に入れていくのがラテアートの「肝」

道具も使わずにバリスタの手業のみでつくられるアートには、お馴染みのリーフ、ハート、チューリップ、ロゼッタといった種類があります。

さらには「エッチング」といって、専用ピックとチョコソースなどを使い、フォームミルクをキャンバスに見立ててお絵描きをしていくものもあります。

美しいマホガニーブラウン色のエスプレッソと、フォームミルクの白の二色だけでつくられるラテアートの世界。アーティスティックで奥が深いですね。

お客様の好みまで把握するプロも!

バリスタ発祥の地・イタリアでは、朝の出勤前にお気に入りのバールに立ち寄り、エスプレッソを飲んでから出勤するという文化があります。

バリスタは、そんな馴染みのお客様から注文をいただいてから、その人に合わせた好みに抽出して提供するとか。そんなお客様との距離が近いのも、まさにカフェ文化の根づくイタリアならではといえるでしょう。

バリスタは単に注文された飲み物をつくるだけではなく、「あなたのための最高の1杯をお届けします」というサービスマインドを提供する存在なのです。

 

関連記事もおすすめです!