コーヒー器具

【手回し式ミル】おしゃれなデザインが魅力!おすすめコーヒーミル5選

「おしゃれな手挽きミルが欲しい!」

豆からコーヒーを淹れたいと思ったら誰しもが思うものです。

コーヒーミルが欲しいと思っている方のためにも、この記事ではおしゃれなデザインが魅力な手回し式コーヒーミルを紹介したいと思います。

色んなデザインがあるので、自分の気に入ったミルを購入してみてコーヒー生活を楽しんでください。

コーヒー豆を挽く|おすすめ手回し式ミル5選

①カリタ コーヒーミル 手挽き セラミックスリム

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥3,870
(2019/10/15 19:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

60年以上もの歴史を誇るカリタから発売されている「コーヒーミル セラミックスリム」

スタイリッシュなデザインで円柱型。ハンドルは取り外しと収納が可能で、持ち運びしやすくアウトドアにも最適なタイプです。

キッチンでもスペースを取らないので、「置く場所に困る…」ってことはないのがポイント。

歯は摩耗しにくいセラミックタイプ。取り外して可能なので、定期的な掃除も楽チンです。

一度に挽ける豆の量は2人分ほど。1〜2人用で、キャンプなどのアウトドアでコーヒーを淹れたいって方には特におすすめのコーヒーミルです。

おすすめポイント!
  1. スタイリッシュなデザイン
  2. コンパクトなので持ち運びや収納に便利
  3. アウトドアで使う人にはとくにおすすめ

②カリタ コーヒーミル 手挽き KH-3

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥1,580
(2019/10/15 19:43:17時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもコーヒー器具メーカー老舗であるカリタの「コーヒーミル KH-3」

アンティーク感のある木製と金属が組み合わさったデザイン。ハンドルの折りたたみは出来ないが、コンパクトなのであまり収納には苦労しない。

手回し式ミルの中でも、低コストで購入することが出来るのが特徴です。

コーヒー豆の投入口がオープンになっているので豆の投入は簡単でやりやすい。

粉を受る場所の容量は55gまでなので、3杯分ぐらいの豆は一度に挽けます。少人数で飲む時の方が向いていますね。

初めてミルを購入するならコスパ的にも良いので初心者の方におすすめ。

おすすめポイント!
  1. アンティーク調なデザイン
  2. コーヒー豆を投入するのが簡単
  3. コスパが良く初心者におすすめ

③手挽き コーヒーミル Betterlife ステンレス 手動

Betterlifeが販売している「レトロコーヒーミル」

レトロなアンティーク感が特に感じられるコーヒーミル。ハンドルも横に回すタイプではなく、観覧車が回るように縦回転のタイプである。

このミルはすこし大きく重量もあるので、コーヒー豆を挽く時に片手で固定しやすい。裏側には滑り止めもあるのも、固定のしやすさを助けてくれている。

価格もそれほど高くないので、あまり予算がなくても手が出しやす。

インテリアとしても十分使えるので、部屋やキッチンをおしゃれにしたいって方にはおすすめのミルである。

おすすめポイント!
  1. レトロ感がありアンティーク調なデザイン
  2. 豆を挽く時に片手でミルを固定しやすい
  3. インテリアとしてもオシャレに使うことが出来る

④ザッセンハウス ミル サンティアゴ

created by Rinker
ZASSENHAUS (ザッセンハウス)
¥11,950
(2019/10/15 19:43:18時点 Amazon調べ-詳細)

創業120年のコーヒーミル最高峰と言われるザッセンハウスの「サンティアゴ」

高級感のあるアンティーク調なのが特徴なデザイン。職人たちの技によって作られている伝統的なコーヒーミルなのです。もちろんインテリアとしても活用できる。

膝に挟むことが出来るので、安定感は他のどのミルよりも抜群に良い。

値段も手回しミルの中では高級ということもあり、粒の大きさも均一なものが完成しやすい。

耐久性も高いので一生モノのコーヒーミルが欲しいって方におすすめ!

おすすめポイント!
  1. 高級感あふれるアンティーク調なデザイン
  2. 挽くときは膝に挟むので安定感がある
  3. 粒の大きさは均一になりやすくミルとしては高品質

⑤プジョー コーヒーミル ノスタルジー

created by Rinker
PEUGEOT (プジョー)
¥13,681
(2019/10/16 01:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

ザッセンハウスと2大老舗と言われるプジョーから「ノスタルジー」

手挽きコーヒーミルのスタンダードなデザイン。1840年頃のプジョー初期モデルを復刻したモデルなので、歴史を感じながらコーヒーを挽くことが出来る。

豆をカットする刃が二重螺旋構造なので、快適にスムーズに豆を挽くことが可能。

コーヒー豆は25gまで投入する容量があるので、最大2人分を挽くことが出来ます。

安定して粉の大きさも揃いやすく、一生モノのコーヒーミルとしても購入するのも良いですね。

おすすめポイント!
  1. 歴史のあるスタンダードなデザイン
  2. コーヒー豆を快適、スムーズに挽くことが出来る
  3. 粒の大きさも揃いやすくミルとしては高品質

まとめ

『コーヒーミル』と一言にいっても性能や使い道によって様々あります。

その中でも「手挽き」はコーヒーの香りだけでなく、挽く時のゴリゴリする感覚のように、触覚的にも楽しむことが出来ます。

手間はかかるかもしれませんが、その時間さえも幸せに感じられるのも、自分の手でコーヒー豆を挽くからだと思います。

アウトドアや収納を考えて選ぶ方法や、質がメインで一生モノの高級ミルを選ぶという方法など、自分がどんな方法で豆を挽くのかしっかり考えて、あなたにピッタリなミル購入してください。

随時サイトを更新していくので、お気に入りやブックマークよろしくお願いします。

関連記事もおすすめです!
コーヒー器具

1万円以上かけても揃えたい!バツグンに使いやすいペーパードリップ器具を紹介します。

2018-09-27
coffee wave
せっかく自宅でコーヒー淹れるなら、使いやすくて高品質な器具で揃えたい!って思っている方も多いですよね。 確かに高品質な器具は使いやすい …