コーヒー豆

【基本】コーヒーの作り方を解説。〜豆から飲み物になるまで〜

コーヒー豆からコーヒーってどうやって作られるか知っていますか?

私もコーヒーを飲めるようになるまで知らなかったんですが「コーヒーの作り方を教えて」って人に聞くのはなんか恥ずかしいですよね…

抽出?ミル?焙煎?CMで使われる単語さえ全く理解してなかった記憶があります。

というわけで、今回はコーヒー基礎知識の解説ということにして「コーヒー豆からコーヒーがどうやって作られるか?」をテーマに書いていきたいと思います。

  • コーヒー果実 → コーヒー豆 の解説記事はこちらの記事
  • コーヒー豆  → コーヒー  の解説記事は今読んでる記事

こげ茶色のコーヒー豆がどうやって作られるかは上の記事で書かれています。今回の記事はコーヒー豆から液体のコーヒーがどうやって作られるかという内容です。

コーヒーになるための2つの工程

コーヒーの淹れ方は何種類もありますが、コーヒー豆からコーヒーになるまで、全ての淹れ方はたった2つの工程で成り立っています。

  • 粉砕(豆を細かくする工程)
  • 抽出(コーヒーを作る工程)

それがこの2つの工程です。

粉砕

まずコーヒー豆をミルという機械で粉状に細かく粉砕します。

豆からコーヒーを淹れる喫茶店やコーヒーを粉で購入する時によく見られる光景ですが、豆を機械に入れてガリガリガリッってしてるのを見たことありませんか?

CMだと豆を箱に入れて手動でハンドルを回し細かくしているっていうシーンも流れていたりしてます。

電動・手動の違いはありますが、どちらもコーヒー豆を粉状に細かく粉砕しているんです。

コーヒー豆の状態だと豆の中までお湯が通らずコーヒーの成分はお湯に溶け出しにくいんですが、ミルで豆を細かく粉砕することで、中の成分を粉の表面に出し、お湯や水に溶け出しやすくするすることが出来るのです。

抽出

次にコーヒーを完成させる作業です。

豆を粉砕して中の成分をお湯や水に溶かすことを『抽出』と言います。この抽出の作業が終わると、飲み物としてのブラックコーヒーが出来上がるのです。

カフェで出てくるコーヒーや無糖の缶コーヒー、ペットボトルなどはこの状態ですね。

最初に「家で本格的なコーヒーを入れてみたい」って思うなら、まずこの抽出から始めることになると思います。

抽出は2種類あります。

コーヒーには抽出の方法がたくさんあります。主にプレス、ドリップコーヒー、サイフォン、マキネッタがそうです。

同じコーヒー豆を使っていても、抽出方法が変わるだけで味や香りも変化するので、コーヒーが奥が深いって言われるのも、もしかしたら抽出方法が多いせいかもしれませんね。

たくさんある抽出方法ですが、大きくタイプ別で分けると抽出原理は2つのタイプに分かれます。

  1. 透過抽出
  2. 浸漬抽出(しんせきちゅうしゅつ)

透過抽出

透過抽出とは、コーヒー粉で層を作って、その層に上から水を通過させることによって、コーヒーの成分をお湯や水に溶かす抽出方法です。

  • ドリップコーヒー
  • エスプレッソ
  • ダッチコーヒー(水出しコーヒーの一種)
  • マキネッタ(別名:モカポッド)
  • コーヒーメーカー

浸漬抽出(しんせきちゅうしゅつ)

浸水抽出とは、コーヒー粉と水を一緒に混ぜることによって、コーヒーの成分をお湯や水に溶かす抽出方法です。

  • サイフォン
  • プレス
  • トルココーヒー

最後に

最後にもう一度だけまとめを紹介。

こうしてコーヒーは完成です。

後はそのままブラックで飲むのもよし、砂糖を入れて甘く飲みやすくするのもあり、ミルクと混ぜてカフェオレにするのもあり、ホイップをトッピングしてウインナーコーヒーとして飲んでも大丈夫。

世の中の全てのコーヒーは全てこの工程を経てつくられます。

【初心者向け】「自宅でコーヒーを美味しく飲みたい」って思った時に読んで欲しい記事「自宅で美味しいコーヒーが飲みたい!」って考える人は少なくないと思います。 普段は缶コーヒーを飲んでいたり会社においてあるコーヒー...
関連記事もおすすめです!