コーヒー講座

【中級編】ミルを使って抽出前にコーヒー豆を挽いてみよう

この記事では 『初心者が自宅でミルを使って、コーヒー豆から抽出を始めるというステップ』について書いています。

いきなりですが、美味しいコーヒーを淹れるコツの中でも、”1番重要なコツ”って何だか分かりますか?

それは「コーヒー抽出の直前に、コーヒー豆を挽く」ということ。

『挽く』とは、コーヒー豆を細かく粉砕して粉状にすること

カフェや喫茶店でも1杯1杯コーヒーを淹れているお店は、美味しいコーヒーを淹れるために、注文が入ってからコーヒー豆を挽いているところも多いんじゃないでしょうか? 管理人の私が働いている喫茶店もそうでした。

もちろん自宅でコーヒーを淹れる場合も同じで、抽出直前に豆を挽いた方が美味しくなります。

なので今回は『初めて自宅でコーヒー豆を挽くための手順や方法について』書いていきたいと思います。

STEP1:必要な器具やコーヒー豆を揃える

まずは必要なモノを集めましょう!

  • コーヒーミル
  • コーヒー豆

『コーヒーミル』とは、コーヒー豆を細かく粉砕する器具のこと

①コーヒーミルを選ぶ

まずはコーヒーミルの種類を知って、自分に合ったミルを選びましょう。

家庭用ミルは大きく分けて3種類あります。

  1. 手回し式ミル
  2. プロペラ式電動ミル
  3. フラット式電動ミル

ミルの種類別に特徴を簡単に紹介するならこんな感じ!

手回し式ミル プロペラ式電動ミル フラット式電動ミル
価格
挽き目調整 難しい 普通 簡単
特徴 手動でハンドルを回すことで豆を挽きます。挽き目の調整はネジなどで可能。 ボタンを押し続けている間に豆が挽くかれていき、押す時間で挽き目が変化する。 挽き目のメモリを合わせ、ボタンを押すだけで、自動で豆を挽いてもらえる。
メリット 挽いている間も、コーヒーの香りを楽しめる 手間がかからないので、数秒で豆を挽ける 手間がかかず、さらに大きさが均一な粉にしやすい
デメリット 挽き目の調整が難しく、挽き目が不均一になりやすい 挽き目が不均一になりやすい。 家庭用の中で、1番価格が高い。

判断材料の1つとしては、『粉の挽きめが、均一なら美味しいコーヒーが淹れられやすく、不均一なら雑味が出やすいコーヒーになりやすい』というのがあります。

種類別だとこんな感じ!
  • 『手回しミル』→ 手作りの手間や香りを楽しめるミル
  • 『プロペラ式電動ミル』→ 手間をかけずに低コストなミル
  • 『フラット式電動ミル』→ 手間をかけずに高性能なミル
家庭用コーヒーミルの比較まとめ|家でコーヒー豆を挽くなら要チェック!コーヒーを家で淹れていると「コーヒー豆からコーヒーを作ってみたいな」と思うこともありますよね。 豆からコーヒー抽出する為には『ミル...

②コーヒー豆を購入する

次はコーヒー豆を購入しましょう!

初心者におすすめなポイントは『コーヒー豆専門店で購入する』ということ。

購入方法は主に3つあります

  1. コーヒー専門店で購入する
  2. スーパーやコンビニで購入する
  3. ネット通販で購入する

まずスーパーやコンビニだと手軽に購入する事は出来ますが、専門店に比べてもコーヒー豆の新鮮さに劣ってしまう部分があります。

せっかく豆を挽いて淹れるのですから、新鮮な豆を仕入れている専門店の方が美味しく飲めます。これが専門店がおすすめな理由です。

通販だと新鮮な豆を選んで購入することも出来ますが、サイトや情報が多すぎて、初心者だと混乱してしまうと思うので、実店舗だと店員さんに聞けるので買いやすいですよ!

Q&A:コーヒーの専門店って?

簡単に言うと、『コーヒー豆がずらーーって並んでいるお店』ですね!

ショッピングモールや百貨店の中にもありますし、個人経営されているお店もあります。コンビニみたいに数は多くないですが、どの地域にもあると思いますよ。

③コーヒー豆を選ぶ

さて実際にコーヒー豆を選ぶ段階になりました。でもコーヒー豆って種類が多すぎて何を選んだらいいのか分からないですよね。国か産地か商品名の分からないカタカナばかり…。

初めて購入するなら覚えておきたいコーヒー豆はこちらの2つ

  • ブレンド(店のオリジナル。複数の豆を組み合わせたもの)
  • ストレート(モカ、グァテマラなど1種類の豆だけ使ったもの)

購入する時に迷ったらブレンド豆を選ぶのがオススメですその店が、美味しいと思う組み合わせなので、ハズレを引く事はほとんどないと思います。

ストレート豆で有名なのは、「グァテマラ」「キリマンジャロ」「エメラルドマウンテン」「マンデリン」「モカ」「ブルーマウンテン」なんかですね。それぞれの味が気になる方は購入するのもありです!

「好みの味でコーヒー豆を決めたい!」って人には、焙煎度で決めるのが良いですね。こちらの記事で、焙煎度と味の違いについて書いています。

浅煎り・中煎り・深煎り? コーヒーの味や風味の違いと選び方を説明してみたコーヒーや豆を選んでいる時によく「浅煎り」とか「深煎り」とか書いてあるのをよく見ますよね。 味が変わるのはなんとなく分かるけど… ...

STEP2:コーヒー豆を挽く

ついに『コーヒーを挽く』というステップです。

使い方については、ミルの種類別によって変わってきますが、基本的な作業は同じです。

コーヒー豆を投入 → ミルを使って豆を細かく粉砕

ポイント:抽出方法に合ったオススメの挽き目

ここで注意しなければいけないのが、抽出方法によっておすすめの”挽き目”で挽く必要があるということです。

『挽き目』とは、コーヒー粉の粒の大きさのこと。粒度とも言う。

粒の大きさが変われば、全体的な表面積は増えたり減ったりして、抽出される成分や抽出スピードが変わってきてしまうので、抽出方法に合わせた挽き目にする必要があるのです。

おすすめの挽き目がこちら

  • 『エスプレッソ』 → 極細挽き
  • 『ペーパードリップ』 → 中細挽き
  • 『コーヒーメーカー』 → 中細挽き
  • 『サイフォン』 → 中挽き
  • 『フレンチプレス』 → 粗挽き

STEP3:色んな抽出方法でコーヒーを淹れる

STEP2が終わって『コーヒー粉』は完成したので、これでコーヒーを抽出する準備は万端です。

ペーパードリップで自分の手を使ってコーヒーを淹れるもよし、コーヒーメーカーを使って自動でコーヒーを淹れるもよし、フレンチプレスを使って豆の味を感じるのもあり。

好きな方法で抽出してみてください!

ちなみに、私は気分に合わせてミルを変えたりしてコーヒーを淹れています。

休日にコーヒーをゆっくり楽しみながら映画を見たい時なんかは、手動ミルでゆっくりと時間をかけてみたりして、あんまり時間がないなって時なんかは、電動ミルで素早くコーヒーを淹れたりしてます。

最後にもう一度言いますが、『コーヒー抽出の直前に、コーヒー豆を挽く』というのが、1番美味しくコーヒーを淹れるコツです。さらに豆を挽いている時は、コーヒーの香りが特に立ちます。

味から香りまで全て楽しみたい人は、ぜひミルを購入して豆からコーヒーを淹れてみることに挑戦してみてください!