コーヒー器具

【プロペラ式電動ミル】手間が省けて低コスト!おすすめコーヒーミル5選

コーヒー豆を挽くにはミルが必要ですが、その中でも一番手軽に使えるのがプロペラ式電動ミルです。

しかもプロペラ式は電動ミルの中でも低コストなものが中心なので、初めてミルを買ってみようかなって人にもハードルが低いと思います。

だた種類やメーカーがとても多いので迷ってしまう方も多いんじゃないでしょうか?

そんな悩んでしまう方の為にも、今回はオシャレで使いやすいプロペラ式電動コーヒーミルのおすすめ5選を紹介します。

豆を挽く|おすすめプロペラ式電動ミル5選

①Kalita 電動コーヒーミル CM-50

created by Rinker
Kalita (カリタ)
¥2,020
(2019/12/13 01:52:53時点 Amazon調べ-詳細)

まずはコーヒー器具でも大手のカリタが発売している「CM-50」

Amazon’s Choiceに選ばれる程、人気なコーヒーミルです。

※Amazon’s Choiceとは、Amazonですぐに発送され、評価が高く、お求めやすい価格という内容で選ばれた商品のこと。

王道なプロペラ式電動ミルなので、コストと手間を抑えたい方におすすめ。

カラー・容量など
  1. カラーは「ブラック」「ホワイト」
  2. 最大容量は50gまで
  3. 中挽きなら15秒で完成(豆50gの場合)

②Melitta(メリタ) 電動 コーヒーミル ECG62-1B

created by Rinker
Melitta (メリタ)
¥2,530
(2019/12/13 01:52:54時点 Amazon調べ-詳細)

プロペラ式電動ミルで有名なのがメリタの「ECG62-1B」

カリタと並んで人気器具。コンパクト設計でカリタよりも容量を多く挽くことが出来る。

シンプルなデザインなので、どんなインテリアでも合わせやすい。

カラー・容量など
  1. カラーは「ブラック」「ホワイト」
  2. 最大容量は70gまで
  3. 中挽きなら15秒で完成(豆40gの場合)

③HARIO(ハリオ) 電動コーヒーミル・カプセル EMC-3HSV

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥2,579
(2019/12/13 01:52:54時点 Amazon調べ-詳細)

V60シリーズが有名なHARIOから発売されている「EMC-3HSV」

カプセル的なデザインです。充電器のコンセントが収納出来るスペースがあるのですっきり片付けることが出来ます。

ハリオで器具を揃えている人は購入を考えてみるのもおすすめ。

カラー・容量など
  1. カラーは「シルバー」のみ
  2. 実用容量は30g
  3. 粉砕時間は公式記載なし(10〜20秒くらい?)

④KINGTOP コーヒーミル 電動式 KH-001

KingTopが販売しているパワー型のコーヒーミル「KH-001」

なんと言ってもパワーが違います。コーヒーだけでなく穀物、唐辛子、塩、砂糖など細かくて乾燥しているものも使用出来ます。さらにエスプレッソまで対応しているので、エスプレッソ用の極細挽きが欲しい人には良いですね。

他のプロペラ式ミルよりも、さらに短時間で豆を挽くことが出来る。

カラー・容量など
  1. カラーは「アンティークゴールド」「フラッシュレッド」
  2. 実用容量は50g
  3. 中挽きは10秒

⑤デロンギ コーヒーミル カッター式 KG40J

created by Rinker
DeLonghi(デロンギ)
¥4,385
(2019/12/13 01:52:55時点 Amazon調べ-詳細)

デロンギが発売しているコーヒーミル「KG40J」

このミルはプロペラ式ミルの中でも、最大容量の80gも1度に豆を挽くことが可能です(6〜8杯分)

電源コードも本体裏側に収納が可能なので、片付けるときは邪魔になりません。

普通のプロペラ式ミルは豆を挽いた後は、本体を傾けないといけないですが、ポッパー部分が取り外すことが出来るので、粉を移し替えやすくなっています。

カラー・容量など
  1. カラーは「ブラック」のみ
  2. 最大容量は80g
  3. 粉砕時間の公式記載なし

まとめ

ミルを選ぶ時は、手回し式ミルほど手間はかけたくない…。フラット式ミルほど本格的なのもちょっと…。って方にピッタリなのがプロペラ式ミル。

一番お手頃なので初めてミルを購入してみようと思う方にもおすすめです!

プロペラ式ミルは種類こそ多いかもしれませんが、ミルの形態や挽く時間など、大きな違いは少ないと思います。

  • 好きなカラー
  • 気に入ったデザイン
  • 求める容量

この3つぐらいで決めてみてるのがいいと思います。

是非、豆から楽しむコーヒーを飲みたい方はプロペラ式ミルを活用してみてください。

関連記事もおすすめです!