コーヒー淹れ方

ペーパードリップの器具について|「何から揃えたらいいかわからない」って人はこの記事がおすすめ

この記事ではペーパードリップの必要器具ついて書いている記事になっています。

おいしいコーヒーを淹れた日は、「なんだか1日イイことがありそう……」と思えてくる。

そんな幸せをもたらしてくれるのも、コーヒーの良さではないかと思います。

そして、カフェのようにコーヒーカップを揃えてみたくなったり、コーヒーを淹れるための道具もこだわってみたりするのも楽しいものです。

そこで、今回は「コーヒーを自宅で淹れたいけれど、何から揃えたらいいかわからない」という人のために、

  • コーヒーに不可欠なグッズ
  • あればさらに充実するグッズについて

ご紹介したいと思います。

5000円以内で揃えられる!初めてのペーパードリップにおすすめのグッズまとめ「コーヒーを自分で淹れてみたいけど、いきなりお金をかけるのはちょっと…」 誰しも新しく何かを始める時に、いきなり大金を費やす事は難...

コーヒーを淹れるために不可欠なグッズ

ここでご紹介するのは、「これだけあれば、おいしくコーヒーを淹れられる」というグッズです。

もちろん自宅にあるもので代用できるものもあるので、必ずしも「全部買わなきゃ!」と気負わなくても大丈夫です。

それでは見ていきましょう。

コーヒー抽出の不可欠グッズ

  • 計量スプーン or 量り
  • ドリッパー
  • フィルター
  • コーヒーサーバー
  • コーヒーケトル

「計量スプーン」もしくは「量り」

コーヒー豆を量る時に使う計量スプーンは大切です。

より正確にグラム数を量りたい人はデジタルな量りもおすすめです。(デジタルスケールやドリップスケール)

料理で量りを使っている人はそれを代用するのもいいでしょう。

美味しいコーヒーを淹れるには、コーヒー豆だけでなくお湯の計量も重要です。

特に、コーヒーを淹れるのは少しの量の変化でも味が変わってしていきますので、是非「量り」を使ったドリップをおすすめします。

これがないと始まらない「ドリッパー」

自宅でもっとも手軽に、コーヒーをおいしく淹れるとしたら、多くの人が最初に選ぶのがドリッパーです。

3つ穴式と円錐式など形もいろいろあるので、好みのものを選びたいですね。

また素材もプラスチック製や陶器製などあります。

ドリッパーの形が違えば、同じコーヒー豆を使っていても味も変わってくるので、是非試してみてください。

ドリッパーとセット使いの「フィルター」

フィルターにも、ネル、金属、ペーパーといろいろな素材がありますが、

初心者の人が自宅で手軽にコーヒーを楽しむならペーパーフィルターがおすすめです。

その際の注意点としては、ペーパーフィルターはドリッパーの形に合わせて買いましょう。(台形式と円錐式には、それぞれ専用のペーパーフィルターがあるためです。)

淹れたコーヒーを落とす「コーヒーサーバー」

コーヒーサーバーは抽出したてのコーヒーを入れておく容器のことです。

  1. サーバー単体タイプ
  2. サーバーとドリッパーがセットになったタイプ
  3. サーバーとドリッパーが一体化したタイプ

これらの3種類があります。

選び方の目安として、すでにドリッパーを持っている人はコーヒーサーバー単体を、コーヒードリッパーを持っていない人はコーヒーサーバーとドリッパーがセットになったタイプかケメックスがいいでしょう。

コーヒーサーバー単体を買うときは、自宅にあるドリッパーときちんとサイズが合うかどうかを確認しましょう。

湯量の微妙な調節にほしい「コーヒーケトル」

本格的に自分の手でコーヒーを入れたい人にとって欠かせないのがコーヒーケトル

お湯の注ぎ方ひとつでコーヒーの味も変わるといわれているためです。

通常のケトルや湯沸かしポッドでも抽出は可能なんですが、お湯の調整が難しくて一気投入されてしまうと、苦味や雑味が一緒に抽出されてしまい、不味いコーヒーが出来上がってしまう事になってしまいます。

湯量調節がしやすいように、注ぎ口が細いコーヒー専用のケトルが使いやすくておすすめです。

あるとさらに充実するグッズ

ここからは、「なくてもいいけれど、あるとさらにコーヒーライフが楽しくなる!(本格的になる)」というグッズです。

よりコーヒーの奥深さを追求したくなったら、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

それでは見ていきましょう。

コーヒー抽出のあったらいいなグッズ

  • コーヒーミル
  • 温度計
  • キャニスター
  • 砂時計
  • カップ類

本格的にコーヒーの香りを楽しみたいなら「コーヒーミル」

コーヒー豆を挽くのに使うコーヒーミルは、最初から持っている人はなかなかいないかもしれませんが、挽きたての香りを楽しむにはやっぱりおすすめです。

それに「抽出直前にコーヒー豆を挽く」というのは、美味しいコーヒーを淹れるコツの中でもダントツで重要なので、覚えておいて欲しいと思います。

電動式と手動式がありますが、手動式は自分で回して挽ける分、「音」と「香り」が五感を刺激してくれるのでファンも根強いです。

摩擦熱も少ないので、コーヒー豆本来のフレッシュな香りを楽しめるでしょう。

ちなみに3杯以上コーヒーを淹れる場合は、大量の豆を挽くので、電動式がおすすめですが、せっかく「本格的にコーヒーの香りを楽しみたい」と思っているのでしたら、是非とも手動式を使って欲しいと思います。

温度の違いで変化する味を感じで欲しい「温度計」

実はコーヒーは抽出する時のお湯の温度の違いで味も変わってくるのです。

高温だと苦味が抽出されやすくなって、低温なら酸味が抽出されやすくなります。

コーヒー抽出の適温は96度〜92度と言われていますが、目で見るだけは温度は分からないので、しっかり温度計で測るのがオススメです。

料理用の温度計を使っている方はそちらも代用できるので、是非抽出する前に温度を測ってみてください。

コーヒー豆の保存は、密閉効果の高い「キャニスター」

コーヒー豆は、湿気や空気になるべく触れないように保存することが品質を保つためには重要なポイント。

そこでおすすめなのが、フタ付きのキャニスターです。(保存缶のようなもの)

できるだけ空気に触れず、また温度や湿度の影響を受けないように密封することで、最後までおいしくコーヒーを飲めことができます。

時間を計測するのに「砂時計」

スマホや時計があれば時間をはかるのに不便はしません。

ですがもっと良い雰囲気を出したいなら『砂時計』はオススメです。

コーヒーを抽出するにはどーしても「待つ」という過程があります。

そのひと時をスマホの時計をみるのも良いですが、せっかく手間のかかる抽出をするなら砂が落ちていく瞬間を眺めて待つのもいいと思いませんか?

お気に入りを見つけたい「コーヒーの容器やカップ類」

コーヒーも自宅にあるカップでもいいですが、お気に入りのもので飲むとさらに気分も上がりおいしくなるものです。

マグカップやコーヒーカップは皆さんにもおなじみですが、ほかにもカフェオレボウル(カフェオレを入れるカップで主に陶器製が多い)や、外出先にも持っていけるタンブラーなどもあります。

タンブラーだと保温も可能な商品もあるので、職場でも活躍してくれることは間違いないです。用途に分けていろいろ揃えるのも楽しいですね。

最後に

いかがでしたか?

まずは不可欠なものから揃え始めてみて、徐々にお好みで揃えていけるとコーヒーの楽しみも倍増になるでしょう。

これから自宅で淹れてみたい人にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

関連記事もおすすめです!